中小企業にとっての職場体験。……正直なところ。

以前アメブロで書いた記事の再掲ですが、ちょうど職場体験を受け入れているので。

初心忘るべからず!!

───────────────────────────────────────────────────────

今年も中学生の職場体験を受け入れます!!

生徒たちと過ごす時間は楽しい!!!!
ですが。
弊社のような社員3人の会社では、

正直言って…

正直に言って……

負担が大きい

のです。

だって生徒を受け入れている三日間も、通常業務があるのですから。加えて、目に見えた売り上げはない(むしろ残業がふえたり…)
という、ネガティブな意見が社内でもあがるのですが社長はチョイチョイと引き受けてきます。

と、言うことはなにかメリットがあるのだろう、と。

社長の真意はなかなか伝わってこないので(笑)社員つがねなりにポジティブに受け入れる術を考えてみました。

結果
自分の仕事を
自慢話出来るチャンス

と、とらえることにしました(笑)

私たちのような規模の会社や、加工・製造業という業種は得てして情報発信が苦手だと思うんです。
大手会社から頂いているお仕事でも、その会社の名前を出すことはできない…とか。毎日の仕事が忙しくて、そこまで手が回らないよ!!とか。
だけど、その町工場にはものすっっっっごい技術力があったり。小さい規模だからこそ、一人一人がこだわって仕事をしていたり。

ひとたび突っ込むと、そんな話を自慢気にしてくれる工場の方はたくさん見てきました。
そんなときの顔って、とてもカッコイイんですよね。

なので、今回の弊社の職場体験テーマは

自分の仕事を
自分の言葉で話す
オトナを見てもらう

です。

思う存分、自分の仕事を中学生に自慢してやろうとおもいます(笑)

まぁでも。
ひとりひとりが、自分の仕事に愛着もって発信できないと、弊社みたいな規模の会社はやっていけないと思うんですよね。

関連記事

  1. さわれる世界地図

  2. 私達の可能性

  3. こんな加工もできますよ

  4. 子どもイベント開催しました!!

  5. 「第一フォームで働くまで知らなかったこと」②

  6. 未来へつなぐ つづき ゆめ駅伝