職場にペンギン出し放題

Google検索のAR機能面白いですね!!同僚から朝イチに聞いて、真面目に遊んでみました!!
2017年に行われた「南極・北極展」のイベントに使った氷河(の残り 笑)とイグルーの模型をセッセと置いて。
いでよペンギン!!


南極感でた(笑)

ショッピングモールで「ここで写真を撮ってね」というフォトスポットがありますが、試したことがありませんでした。
これは面白い!!南 極風のフォトスポットで写真を撮りに、第一フォームに遊びに来てください!!

ちなみに実際に弊社で作ったイグルーは、なんとこのサイズです!!

イグルーはエスキモーの家で、雪のブロックをドーム状に積み上げます。それを模して、発泡スチロールを扇形にカットしたものを組み上げていきました。
バラバラで搬入し現地で組み立て、再度解体して他の展示会場でも使われました。

このあたりの手軽さは、発泡スチロールという素材ならではですね。

氷河の素材も発泡スチロール。こちらは、造形の師匠・株式会社エムアンドエムさん(http://www.mandms.co.jp/)の製作です。
短期イベントであれば十分な強度の発泡スチロールオブジェ。お気軽にお問合せください!!

お気軽にお問合せ頂けるよう、素の弊社社員の様子も載せておきます(笑)


    

関連記事

  1. つぶつぶスチロール

  2. 私達の可能性

  3. さわれる世界地図

  4. サバンナ作り(行ったことはないけれど)

  5. 小さいものを大きく 大きいものを小さく

  6. 未来へつなぐ つづき ゆめ駅伝