私達の可能性

第一フォーム主催のイベント
Foam Vison
~発泡スチロールの可能性~
無事に終了しました。

私達第一フォームは、魚箱や梱包材・緩衝材としての発泡スチロールの枠にとどまらずに、発泡スチロールの可能性を探しています。

「発泡スチロール〝だから〟できること」「発泡スチロール〝でも〟できること」に取り組む弊社の足跡をご紹介するイベントでした。どんな展示だったかを、少しずつこちらでご紹介していきますニコニコ

まずは、当日の入口の様子。今年は、弊社の創業30周年にあたるので、思い切って特大の切り文字を。自分達で作っておいて、入り口の雰囲気に興奮してしまいました(笑)これはカッコ良い!舞台の幕開けだ!!と照れ

発泡スチロールによる記念ロゴ

ちなみにこれは、発泡スチロールの切り文字にウレタン塗装をしたものです。この工程は、実は多くのイベントディスプレイで使われていて「発泡スチロール〝でも〟できること」です。なのでモチロン、他の素材でも作れます。

が、コスト面では発泡スチロールを使うと有利なのは確かです。この点では「発泡スチロール〝だから〟できること」ですね。

スチロールの切文字つながりでは、最近某スポーツメーカーの女性向けトレーニングレッスンのロゴを制作しました。流石に…世界的企業のロゴはどの角度から見てもカッコよかた……照れ

〆に…第一フォーム社員とここまで支えて来てくれた家族同様の皆様と一緒に。

次回は、また別の展示をご紹介します!!ご来場頂いた皆様、ありがとうございました!!

関連記事

  1. こんな加工もできますよ

  2. 未来へつなぐ つづき ゆめ駅伝

  3. 子どもイベント開催しました!!

  4. 中小企業にとっての職場体験。……正直なところ。

  5. さわれる世界地図

  6. 流行りモノ