工業分野の発泡スチロール加工品

発泡スチロールの特性を活かし、機械加工を行う際に使用する工業用発泡治具や、EMC測定現場での試験(測定)台など、弊社の発泡スチロール加工品は工業現場でも活躍しています。

【工業分野での利用例】
・機械加工などの工場で使われる発泡治具
・EMC測定現場で誘電率と耐荷重をクリアした試験(測定)台
・工業製品用の緩衝材
・風洞実験用の模型
・モックアップ(試作品)
・各種実験模型
など

【発泡スチロール加工のメリット】
・他素材(金属や樹脂)、3Dプリンターでの製作に比べ安価に製造できることが多いです。
・軽く扱いやすい上に、要望に応じて耐荷重性を高めることなどが可能です。

【加工できる素材】
・発泡スチロール(EPS)
・発泡ポリプロピレン(EPP)
・発泡ポリエチレン(EPE)
・押出発泡ポリスチレンフォーム(XPS、スタイロフォーム、ミラフォーム、カネライトフォーム)

機械加工時に使われる発泡治具

通常は金属や樹脂などで製造される工業用治具を発泡スチロールで製作することも可能です。他素材よりコストを抑えられる可能性があるのと、要望に応じて強度を高めることもできます。

EMC測定現場で使われる試験台

弊社ではEMC測定現場で使われる試験台の加工にも実績があります。発泡スチロール・発泡ポリプロピレン・スタイロフォーム加工のプロとして、提供いただいた設計図を基に、誘電率や耐荷重性をクリアできるよう製作いたします。

実験用模型

風洞実験で使用する羽根やプロペラの模型製作の実績があります。小型サイズから実寸大まで、計測環境や設備装置に合わせての対応が可能ですので、お気軽にご相談ください。

モックアップ(試作品)の製作

製品開発時のデザインを考えるときなどに用いられるモックアップ(試作品)の製作も対応しています。発泡スチロール加工は木や樹脂などの素材に比べ軽量で扱いやすく、加工の形状や要求精度にもよりますが、コスト的にも優位なことが多いです。