オーダーメイド緩衝材の製作

発泡スチロールをはじめとする多種多様な材質を使用したオーダーメイドの緩衝材の製作を承っています。

外部の衝撃から中身の製品を守るためのクッション材をオーダーメイドで加工可能です。

サービスの特徴

1. 複雑な形状の加工に対応

CADデータをもとに加工を行うため、複雑な形状の工業製品であってもぴったりの緩衝材(梱包材)を製作することができます。

2. 小ロットから対応

単品加工を得意としているので、形状確認や耐衝撃試験など試作段階での相談も多くいただいています。

3. 発泡スチロール以外も対応可能

緩衝材として一般的に用いられる発泡スチロールだけではなく、ビーズ法発泡ポリプロピレン、ビーズ法発泡ポリエチレン、押出発泡ポリスチレンフォームも取り扱い可能です。

対応可能な仕様

材質 ・発泡スチロール
・ビーズ法発泡ポリプロピレン(製品名「エペラン-PP®」)
・ビーズ法発泡ポリエチレン(製品名「エペラン®」)
・押出発泡ポリスチレンフォーム(製品名「スタイロフォーム」、「カネライトフォーム」「ミラフォーム」)
最大サイズ 1,000mm×2,000mm×600mm(発泡スチロールブロックの最大サイズ)
緩衝材の用途例 精密機器の保護、カメラの保護
数量 こちら」から別途ご相談ください
納期 こちら」から別途ご相談ください
対応可能な加工  2次元熱線加工、3次元切削加工(主な加工方法はこちら

製作実績

オーダーメイド緩衝材サンプル1

※守秘義務の都合上、写真のみの公開になります

よくある質問

緩衝材の図面がなくても大丈夫でしょうか?

基本的に図面は必要になります。
特に精密機器を保護するための複雑な形状の緩衝材の加工には必須になります。
簡単な形状であればポンチ絵程度のものをご準備いただければ対応可能です。

詳しくはお気軽にお問合せください。

凸凹のある複雑な商品でも対応できますか?

対応可能です。
寸法公差は±1~2 mm程度になります。

設計はお願いできますか?

設計は承っておりません。
緩衝材の加工をご希望の場合は図面データをご送付ください。

ご準備が難しい場合は、こちらからお問合せください。

(オンラインを含めた)打ち合わせはできますか?

打ち合わせは無料で承っております。
実際に弊社へ足を運んでいただき加工現場を見学いただくことも可能です。
オンラインでの打ち合わせも対応可能です。

ご希望の場合はお気軽にお問合せください。

材質の提案・相談できますか?

はい、材質の相談は承っております。
ご希望の場合はお気軽にお問合せください。

オーダーメイド緩衝材の製作のご依頼はお見積りやお問い合わせは、
お気軽に下記までご連絡ください。

お見積り、お問合せはこちら